いまどきの採用支援システムサービスとは

少子化の影響により、各企業にとって新卒者の採用は、とても厳しいものになっており、競合他社との競争は避けて通れません。また、新卒者をせっかく採用しても、期待していた活躍が見られず、最悪の場合には早期退職となってしまうことも少なくありません。特に離職率については、年々高くなっておりフリーターや契約社員などの非正規社員を増加させる要因になっています。こういった現状の中で、多くの各企業では、自社の採用方針を大きく見直すために、コンサルティング会社が展開する、採用支援システムを導入しています。いまどきの採用支援システムサービスでは、採用業務の効率化だけにとどまらず、内定者の囲い込みや採用後のケアなど、内定者を確実に採用し会社の戦力に育成することを目的としています。

新卒者を確実に採用するために必要な支援とは

採用事務について、これまでは迅速に選考を行い、内定を出すことに重点が置かれていましたが、最近、重要視されているのは、一定の応募数を確保することと内定者をいかに囲い込むかという点です。応募数を確保するためには、新卒者を対象とした合同説明会などで、いかに自社の魅力をアピールするかが大きなポイントですが、旧態依然とした考え方では注目を集めることはできません。特に最近の若年層は、賃金よりも職場環境に重点を置く傾向にありますから、そういった点を加味しながらアピールすることが重要です。コンサルティング会社は、若年層にアピールできる会社の紹介方法など戦略をもってレクチャーします。そして、特にコンサルティング会社が重点を置いているのが、内定者の囲い込みです。内定者を対象とした職場見学ツアーや食事会など、入社までのフォローアップを丁寧に行うことで、確実に入社させることが大切なのです。

新卒者を確実に戦力にするための支援とは

離職率が高い会社だと指摘されると、新卒者の応募数は激減します。つまり、社員の早期退職は、会社のイメージダウンにつながることにもなりかねません。離職率を低下させるためには、選考方法の見直しと採用後のケアが重要になります。コンサルティング会社では、これまで蓄積されてきた膨大なデータから、効果的な面接の方法や採用試験の問題などをレクチャーするほか、入社後の社内研修の在り方、プログラムの提案を行います。特に採用後のケアについては、社内研修のみならず、コンサルティング会社が相談窓口を設けるなど、新規採用者が会社の戦力となるまで、フォローアップを行います。もちろん、こういったコンサルティング・サービスに加え、従来から提供されている、採用事務を効率化するためのシステム構築も行われており、採用から育成まで一貫したサービスがいまどきの採用支援システムサービスなのです。

Comments are closed.