これからどんどん広がる採用支援サービス

会社にとって、優秀な人材を一人でも多く雇用することで、業績アップにつながったり、業務の効率化が図れるなど、様々なメリットがもたらされます。それだけに、採用に係る業務は、非常に重要なものですが、一方で求人の募集活動や応募状況の把握、選考試験の日程や選考結果の通知など、非常にたくさんの業務が発生し、多くの労力が必要となります。しかしながら、限りある労働力の中で、非現業部門の効率化は、会社経営には欠かせない問題でもあります。こういった会社の問題を解決するため、採用業務をシステム化し、少ない労力でスピーディな業務を行うことが検討されています。これらは、一般的に採用支援システムと呼ばれ、募集業務はもちろん、入社後の人事管理機能を併せ持つものも開発されており、これからどんどん広がることが予想されています。

採用事務を正確かつ効率的に行うためのメリット

採用業務において、最初に行わなければならないのが、求職者の応募状況を把握し、選考試験の日程を通知することです。最近では、多くの会社で中途採用を募っている上、ハローワークだけでなくタウン誌や求人サイトなど様々なメディアに求人広告を出していますから、応募状況を把握することは非常に煩雑な業務です。システムを導入すれば、応募者の氏名・住所・年齢と言った基礎データだけでなく、どのメディアを通じて、いつ応募してきたのかといったデータを迅速に一元管理できますので、採用試験の日程などの通知漏れを防ぐことができます。さらに採用試験の結果や合否、また応募者に対する結果の通知状況まで紐付けできますから、採用までの業務を非常にスムーズに行うことができます。特に、合格者に対する内定通知が遅れてしまうと、他社に採用されてしまうこともありますから、非常にメリットの大きい機能です。

人事管理システムと連動することで得られるメリット

採用支援システムに、人事管理システムを連動することで、さらに大きなメリットが生まれます。一般的には、応募してきた媒体、採用試験の結果、採用通知の発送状況までがデータ構成になりますが、ここに、採用後の訓練状況、業績、人事評価結果、問責といった人事データを加えることによって、どういった経路で採用した人材が業績を伸ばしているのかが分析できます。さらに、社内研修の実施状況から、入社後のケアの方法についても分析できます。これらの分析結果をもとに、採用方法や入社後の研修の在り方を精査することが可能になりますから、より効率的、効果的な方法で優秀な人材を確保できるのです。特に、少子高齢化が進んでいく中で、限られた労働人口の中から、有益な人材を確保することは、会社の存続にも関わってきますから、高機能を持った採用支援システムの導入はさらに増えていくことが予想されます。