失敗しないオリジナルTシャツの活用方法を教えます

オリジナルTシャツを聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。オリジナルTシャツは個人、家族、学級、会社、ファンクラブなどグループや個人で作成するTシャツになります。よく用いられるのはイベントを盛り上げる統一衣装として複数の集団で作成するTシャツです。また、高校の文化祭や大学のサークルなどでよく見かけるTシャツがこのオリジナルTシャツです。勝利や目的達成のために連帯感を出すための1つの道具として活用されています。また、オリジナルTシャツにはTシャツだけではなくポロシャツ、パーカー、ウインドブレーカーなども含まれます。最近ではグループだけではなく家族用や個人用として多くのオリジナルTシャツが作成されています。オリジナルTシャツは最高の思い出を提供してくれます。

オリジナルTシャツの詳細な活用方法

オリジナルTシャツが活用される例を詳しく見てきましょう。イベント会場では来ていただいたお客様へのアピールが可能です。例えばアニメの展示会で推しキャラがプリントされたオリジナルTシャツを目にしたらお客様のテンションは上がります。コンサート会場の場合、会場を仕切るスタッフの役割もありますが、お客様へアーティストが伝えたいメッセージをTシャツで伝えることも可能です。学校の体育祭や文化祭ではチームのスローガンやキャッチコピーでチームの勝利や思い出作りができます。また卒業旅行でもそれまでの思い出に残った言葉や写真をプリントすることで旅の思い出は何倍にもなります。家族の場合は子供の成長、ペットの成長や家族の絆を深めるのに活用されます。個人では目標へのモチベーションアップがあります。

どのようにオリジナルTシャツを作りますか?

オリジナルTシャツを作成するときに大事なポイントは生地選びとデザインです。生地はグループの特徴や目的によって選ぶ生地は異なります。一般的にTシャツの生地は綿が多いですがスポーツや激しく体を動かすグループにはポリエステルを多く含むドライ系の生地を選びましょう。生地が決まれば次はデザインです。ベースになる生地の色を決めましょう。色はグループの場合は黄、赤、青色など目立つ色にしましょう。白も人気はありますがやや目立ちません。黒や黒に近いダーク系の色も人気はありますが外で活動するときは暑くなりますので注意が必要です。個人や家族の場合は好みを優先してください。ベースの色が決まれば文字を入れます。サークルや団体名に加えてスローガンやメッセージを入れます。デザインで迷ったらWEBでシミュレーションを行いってください。お近くにオリジナルTシャツを扱っているショップがあれば相談してみるのもよいでしょう。