採用支援のサービスの効果を実感

労働者の雇用環境は、ここ数年で大きな変化を遂げており、それまでは終身雇用が一般的でしたが、長引く不況により各企業において大幅なリストラが断行され、失業者が激増する結果を招きました。また、少子高齢化に歯止めがかからず、労働人口の高齢化も大きな課題です。こういった現状において、各企業の雇用管理も、新卒者だけでなく中途採用者枠の拡大や、高齢者雇用など多岐にわたり、それに伴い採用業務も複雑化しています。しかしながら、優秀な人材を数多く確保するためには、採用業務の効率化及び迅速化は不可欠であり、採用支援サービスを提供する会社と契約している企業社も少なくありません。その内容は、主には採用業務に関するノウハウの指導や、採用管理システムの構築といったもので、大きな効果をあげています。

採用業務のノウハウにかかるサービス内容と効果

採用支援サービスの大きな柱として、採用業務のノウハウに関する指導があります。これは、労働人口の減少に伴い、中途採用枠を拡大している会社が増えていることから、人材確保においても競合他社との競争が激化していることを受けて展開しているものです。例えば、求人の募集活動においては、募集内容の表現一つで大きく応募人数が変わることがあります。また、募集内容と実際の業務内容が違うとしてトラブルに発展するケースもあります。こういった事態を避けるために、応募者にわかりやすく、また他社と差別化が図れる求人広告の作成方法をプロの視点でレクチャーするものです。また、最近ではハローワークのみならず、様々な媒体に求人広告を出稿することが可能ですが、実際に応募してきた社員の応募経路や、採用率をデータ化し、より効果的な媒体にのみ求人広告を出稿することで、広告経費の削減を図ることができます。こうした指導を受けることによって、採用担当者のスキルアップが期待できますので、より効率的、効果的に採用事務を進めることが可能となるのです。

採用管理システムの構築にかかるサービスの内容と効果

求人広告に対する応募者の採用管理は、採用事務を行う上でもっとも手間のかかる業務です。従来は、エクセルなどで担当者が個々に管理するに過ぎませんでしたから、例えば応募者を取りまとめる担当者と、選考状況を取りまとめる担当者が異なれば、応募者の選考状況を把握することができず、結果として選考作業に遅れが生じることもありました。そこで、応募者の選考状況から合否、内定通知の発送状況といったデータをクラウド上の採用管理システムに、それぞれの担当者がアクセスし入力することで、一元管理が可能となりました。このことによって、選考作業の遅れや、内定通知の発出漏れといった事務ミスが激減しています。採用支援サービスでは、さらに踏み込んで応募してきた人の年齢構成や採用後のデータを蓄積させ、より優秀な人材を確保するためのデータ分析の方法や採用方針の見直し方法などをレクチャーしてくれますので、長期的な採用管理戦略の構築にも大きな効果を発揮しているのです。

Comments are closed.